のと爺の古事記散歩

古希まぢかの爺さんが勝手気ままに古事記を散歩します。

神功皇后大研究(3)

f:id:kojikint70:20190615095558j:plain

武内宿禰明治22年発行 1円札)

② 熊襲征伐

 神功皇后熊襲征伐の話ですが、本題に入る前に冒頭写真の武内宿禰について少し話しておかなければなりません。武内宿禰古事記では建内宿禰)は、13代成務天皇から始まって、仲哀、応神、仁徳の4代の天皇にトータルで244年の長きに亘り仕えた、赤穂浪士大石内蔵助もマッ青の忠臣と言われている人物です。そして神功皇后の事績にも大いなる功績を残しています。そして、この方も明治時代には紙幣の肖像になってるんですね。それこそ、武内宿禰で大研究シリーズができるくらい謎の多い人物ですが、マニアック過ぎるので詳細は機会がありましたら、ということで止めます。

 次に、熊襲(くまそ)とは「日本の記紀神話に登場する、現在の北九州または九州南部にあった襲国(ソノクニ)に本拠地を構え、ヤマト王権に抵抗したとされる人々。また地域名自体を表す総称である。古事記には熊曾と表記され、日本書紀には熊襲筑前国風土記では球磨囎唹と表記される。」(ウィキペディア)とあります。
 皆さん、熊襲と聞いて、あれっ?と思いませんか。そう、熊襲ヤマトタケルがやっつけたんじゃないの? いや、あれはね、あくまでも当時の権力者の熊曾建兄弟をやっつけたんであって、一族を根絶したわけではありません。従って、時間が経てば再び復活するんですね。出雲建もヤマトタケルにだまし討ちされましたが、それで出雲国が消滅したわけではありません。
    さて、ここから神功皇后の登場です。一部、アマテラス大研究(9)と話が重なりますが、仲哀天皇熊襲を討つために筑紫の香椎宮にて琴を弾き、武内宿禰が託宣を聞くため庭にいて、皇后が神依をしたんですね。結局、新羅攻撃の託宣が下ったのですが天皇はこれに従わず、古事記では神の怒りに触れて亡くなり、日本書紀では熊襲と戦うが結局敗走し、その後急病で亡くなったと書かれてあります。
    この後、神功皇后は神の託宣に従って新羅侵攻を進めるのですが、この話は次回にします。ここで気になるのは、熊襲討伐の話はどうなっちゃったのか、天皇が亡くなったのでやめちゃったのか? このことは記紀には書いてないんですね。で、私は生来しつこいもんですからいろいろ調べました。そして、佐賀県杵島郡大町町教育委員会HPにたどり着きました。やったぜ、ベイビー! そこにはこうあります。文章をそのまま拝借いたしますのでご了承下さい。

 

 文武天皇の大宝9年(709)のことである。行基というえらいお坊さんが、馬に乗って石崎あたりを通りかかった。すると、乗っていた馬が急に足を止め、ぶるぶると震えだした。行基は不思議に思いながらも馬を進めようとした。しかし、馬はどうしても動こうとしない。しかたなく行基は馬を降りて村の人たちに尋ねた。
 すると村人は、「この辺りは昔、景行天皇が土蜘蛛八十女(つちぐもやそめ)を退治されたところです。その後も、日本武尊(やまとたけるのみこと)が熊襲(くまそ)をうったり、神功皇后が、その生き残った熊襲の子孫を滅ぼしたところです。だから、その恨みをいだく亡霊が出てきて村人を悩ましているのです。特に、雨が降る夜は恐ろしいものです。何日か前も大火事があってたくさんの人が死んでしましました。何とかならないものでしょうか。」と涙を流しながら話した。
 この話を聞いた行基は、「昨日は小田(江北町)の里に泊まりました。宿の者が言うには、『この村には人々がお祈りするための御仏がいらっしゃいません。何とかならないでしょうか。』と一生懸命に頼むので、観音様を一つ作ってやりました。そして、また今日はこの石崎でこのようなことがあろうとは・・・。」と言って怨霊をお祓いするお経を唱え始めた。そして、ここに鎮護神(ちんごしん)を祭った。
 これが石崎八幡宮(中島公民分館近く)のおこりである。今の福母八幡宮は、この石崎八幡宮を移したものだと言われている。

 

 という話です。これで神功皇后天皇崩御後、熊襲を滅ぼしたということが分かりますね。
まぁ、伝承ですから歴史的にはどう評価されるのかは分かりませんが・・・。

  ではでは今回はここまで。次回をお楽しみに!!

 

kojikint70.hatenablog.com

 

神功皇后大研究(2)

f:id:kojikint70:20190612190605j:plain

国宝 神功皇后木造坐像(なら仏像館)

①そもそもどんな方なの?

 息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと・後の神功皇后)は14代仲哀天皇の皇后で、15代応神天皇の母ということはご存じだと思います。そして、父は開化天皇の玄孫である息長宿禰王(おきながのすくねのおおきみ)、母は葛城之高額比売(かずらきのたかぬかひめ)ですね。ん~、ちょっと分かりづらいので系図を作ってみました。すると興味深いことが分かりましたよ。
 ハイ、これです! 

f:id:kojikint70:20190613083623j:plain 
  9代開化天皇の御子で、異母兄弟の御真木入日子印恵命(みまきいりびこいにえのみこと・後の10代崇神天皇)と日子坐王(ひこいますのみこ)のそれぞれの子孫である14代仲哀天皇息長帯比売命神功皇后)が年代を経て結ばれるんですねぇ。

 そしてもう一つ、古事記応神天皇の段を読んでみると、神功皇后の母の葛城之高額比売の先祖である天之日矛(あめのひぼこ)は新羅国の皇子だと書いてあります。
 神功皇后新羅の皇子の子孫であるなら、後々、朝鮮と関わりをもつようになるのは運命なんだべか?

 ちょっと話はズレますが、この天之日矛という皇子は何かいいかげんな男なんですよ。細かい話は省略しますが、新羅で結ばれた阿加流比売(あかるひめ)と一悶着あって比売は「私の祖国に帰ります!」と言って逃げて来て難波に留まったんですね。で、*一節太郎だったら逃げた女房に未練はないのですが、未練たらたらの皇子が「かぁちゃん、俺が悪かった」と言ったかどうかは分かりませんが、比売を追ってきて難波に着こうとしたんです。しかし、海峡の神に遮られて皇子は入れなかったんですね。
 そこで皇子は但馬国で待つことにしたのです。でも、おとなしく待っていたわけでなく、現地の娘を娶って子を作っちゃうんですね。そして、それから5代孫が葛城之高額比売と言うわけです。全く、男というものはいつの世もねぇ・・・。

 ハイ、とりあえず仲哀天皇神功皇后のポジションはお分かりいただけたと思います。次回からは具体的な事績の話をしますよ。

 ではでは今回はこれまで。次回をお楽しみに!!

*一節太郎 昭和38年(1963年)200万枚の大ヒット曲「浪曲子守唄」
 「逃げた女房にゃ未練はないが、お乳ほしがるこの子が可愛い~」
 ご存じでしょうか、ご同輩、うれしいなぁ! ご存じでない方、YouTube
 見られます。

神功皇后大研究(1)

f:id:kojikint70:20190610201551j:plain

日本初の肖像入り紙幣(お札と切手の博物館

 大研究シリーズ第二弾です

 今回から「神功皇后大研究」をしたいと思います。私の中では古代三女傑は天照大御神卑弥呼、そして神功皇后です。ちょっとマニアックかも知れませんが、できるだけ分かりやすくしますので、いまのところ何回に亘るかはわかりませんが、 ご覧いただけるとうれしいです。

 まず、冒頭の写真ですが何だか分かりますか? えっ、分かる!? もしかして天才?
これが分かる方は相当人生をかさねておられる方と、謹んでお慶び申し上げます。
これは、明治14年1881年)に発行された日本初の肖像入りお札の1円札です。そしてこの肖像が神功皇后なんですね。
 へぇ~、なんで神功皇后が肖像に選ばれたんでしょうか?  
でも、なんか違和感があるなぁ。
ちょっと見づらいですが、お顔が日本人ぽくないよね。
 肖像に選ばれた理由はこの大研究の中で明らかにしていきますよ。違和感は私も感じました。実は、この図柄デザインと原版彫刻は、当時、明治政府に雇用されていたイタリア人のキョッソーネという方が担当されたのだそうです。それでイタリア人ぽい?

 次回からはこんな感じで話を進めますよ。
 ①そもそもどんな方なの?
 ②熊襲征伐
 ③三韓征伐
 ④忍熊王の反乱
 ⑤その他

ではでは今回はここまで。次回をお楽しみに!!

アマテラス大研究(10)

f:id:kojikint70:20190607125433j:plain

式年遷宮(HPより)

総括

 アマテラス大研究も10回目となり、いよいよ最終回です。まず、これまでの研究で分かったことをもう一度整理して行きましょう。

「たいへんよくできました」に分類されること
1. 生まれた時から超エリートで高天原の統治を命じられる。
2. 高天原の支配者であると同時に神事の主宰者でもある。
3. 実は意外と怪力?
4. 太陽神だけでなく、農業、織物等の産業の神でもある。
5. 神武東征を支援する。

「もうすこしがんばりましょう」に分類されること
1. 早合点、勘違いがある。
2. すぐカッとなるし、わがままで武闘派。
3. 自分ファーストなところがあり、統治者として不安。
4. 伊勢に落ち着くまで90年も巡行した。

 これらは長所、短所と言うわけではなく、全部含んでアマテラスができあがっているということだと思います。神とはいえ、とても人間臭くて、いわゆるGODではありませんが、逆にそこが良いところですね。物事を決めるときも大体が合議で決めており、単独で判断したのはスサノオへの「かかって来いや~!」と岩屋籠りぐらいでしょうか。

 私の独断と偏見で言えば、アマテラスの最大の功績は神武東征のバックアップだと思います。なにしろ天皇の窮地を救った訳ですから、歴史の分かれ道で大きな貢献を果たしたと言えるでしょう。(神様だから当然?)
 日本書紀によれば、神武2年春2月、神武天皇は東征に関し貢献した面々に論功行賞を行っているんですね。なんか人間臭くていいですね。面白いのはあの八咫烏も賞の内に入ったんです。果たして烏には何を授与したのでしょうか。そして、「わが皇祖の霊が天から降り眺められて、我身を助けて下さった。」として高皇産霊尊タカミムスビノミコト)を祀っているのです。
    ところで、神様は外的要因(殺される等)がなければ死なないんですね。つまり、自然死はないんです。ということは、アマテラスは現代の今でも生きているのか?いや、生きているという概念ではなく、日本人の心に無意識のうちでも染みこんでいると考えた方が良いかも知れません。
 正月にご来光を仰ぐことは太陽神のアマテラスを崇拝することであり、一生に一度はお伊勢参りをしたいと思うのもアマテラスへの信仰心の表れだと思います。これらは誰に教えられたのでもなく、日本人のDNAに最初から組み込まれているんですね。国民の総氏神といわれる由縁ですね。
 今年は天皇生前退位という119代光格天皇以来202年ぶりで、憲政史上初という大きな出来事があり元号も令和になりました。前天皇の退位、新天皇の即位に関する諸々の儀式の一部がテレビ放映され、多分、私はもう二度と見られない厳かな儀式を拝見することができました。
 伊勢神宮とのかかわりでは2033年(前回は2013年でした。次回まで私が生存しているか大いに危ぶまれますが・・)には20年ごとに執り行われる式年遷宮がありますね。これらは皇祖神であるアマテラスを中心に行われる儀式です。特に神道徒でなくともテレビでやれば見るし、新聞に書いてあれば読みますよね。あの白布で覆ったご神体を運ぶ様子を見ながら、「あの中に八咫鏡が入ってるんだんべか? 納めるときに誰かがうっかり見ちゃうんじゃねぇの?」なんて勝手に妄想しますよね。(式年遷宮の詳細はWEBで)

 古代のヒーローにはスサノオ、オオクニ、ヤマトタケルなどの神様がいらっしゃいますが、何と言ってもスーパーヒーロー(いや、ヒロイン?)はアマテラスだと思います。理由はこれまで書いてきた通りです。結局、これが今回の「大研究」の結論になります。ちょっと平凡? いやいや、平凡がいちばんでしょう、チャンチャン!

 長きに亘りお読みいただき、ありがとうございました。次回は誰の大研究にしようかなぁ~。

 

アマテラス大研究(9)

f:id:kojikint70:20190604143134j:plain

神功皇后ウィキペディア

 ⑧天孫降臨後のアマテラス(その3)

 皆さん、神功皇后はご存じでしょうか。14代仲哀天皇(倭建命の御子)の大后で、15代応神天皇の母にあたる方です。神功皇后といえば三韓征伐の話がありますね。何が言いたいかというと、この三韓征伐がアマテラスの御心で行われたという話です。すごいでしょ、だいたい西暦200年頃の話と言われていますから、天孫降臨の時から考えても想像を絶する時間が経っているはずなのですが、まだアマテラスの神パワーが健在なのです。
 どんだけぇ~!!

    仲哀天皇8年、天皇神功皇后熊襲征伐対策会議を開き、皇后が神帰(かみよせ)をし、天皇が神を招き寄せるため琴を弾き、建内宿禰が神のお告げを聞くため庭に控えました。そして神託は「西の方に種々な宝がある国が見える。私はその国を帰服させる」というものでした。しかし天皇はこの神託を信じず琴を弾かずに黙っていると神はいたく怒り、結局、天皇崩御してしまったんですね。神の怒りで死んだ天皇仲哀天皇だけですね。お気の毒です・・・。
 このため、建内宿禰は国を挙げての大祓をし、あらためて神のお告げを聞いたところ、前回の神託と同じで、「この西方の国は皇后の胎中にいる御子が統治される国だ」とのことだったんです。えらい勝手な話ですね。そして西方の国とは新羅のことです。

 宿禰と神の会話
  宿禰 「皇后の腹の子の性別は?」
  大神 「男じゃて。」(後の15代応神天皇ですね)
  宿禰 「今、このようにお教え下さる大神よ、君の名は?」
  大神 「これは天照大御神の御心じゃぞ。そして我は底筒男、中筒男、上筒男の
      三柱の神じゃ、云々~。」

 つまり、アマテラスの御心により住吉大社の祭神である墨江大神の三神(アマテラスと同じくイザナギの禊ぎで成った神です)が神託を与えたということです。結局、神功皇后はこの神託に従って三韓征伐に出兵をすることになります。(三韓征伐の詳しい話はあらためて機会を設けたいと思っていますので、ここでは省略します)

 私が古事記を読んだ限りでは、アマテラスの名前が出てくるのはこの神功皇后三韓征伐の段が最後と思われます。

 さぁ、いかがでしたでしょうか。「大研究」と言うほどの中身はありませんでしたが、次回が10回目となり切りが良いので、あらためてアマテラスについて総括をしたいと思います。

 ではでは今回はここまで。次回、最終回をお楽しみに!!

 

 *冒頭に倭建命の名が出ましたね。以前まとめたものです。よろしかったらお目通し下さい。 (ちょっと長いです)

kojikint70.hatenablog.com

 

アマテラス大研究(8)

 

f:id:kojikint70:20190603142438j:plain

最初の元伊勢とされる檜原神社(HPより)

天孫降臨後のアマテラス(その2)

 アマテラスから授けられた鏡と剣について、初代神武から9代開化天皇までは同殿共床を常としていました。でも、これって結構キツイですよね、常にアマテラスの神パワーを感じていたわけですから。で、「もう僕ちゃんには無理!」と言ったのが10代崇神天皇だったのです。同天皇の御代は疫病が多く起こり、多数の人民が亡くなるという不安な世の中だったことも影響したのかも知れませんね。
 崇神天皇はアマテラスを娘の豊鍬入姫命(トヨスキイリビメノミコト)に託し、大和の笠縫邑(かさぬいむら)に祀ったのです。この地が奈良県桜井市檜原神社と言われています。ここで33年奉斎したのですが、永遠に神事を行うことができる地を求めてさらに巡行を続けることになります。そして垂仁天皇の御代になり、倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が宇陀、近江、美濃などの巡行を担い、笠縫邑から通算すると26番目に伊勢国に着いたのです。通算所要年数90年だとか。いやいや、ご苦労様でした。そして、伊勢に来るまでに仮住まいをした所は今でも元伊勢と言われています。元伊勢は東海、近畿を中心に25ヶ所あります。それにしても、アマテラスの面倒を見るのは半端ない!
 伊勢国に着くとアマテラスは倭姫命に言ったそうです。「伊勢国は美しい、ここに居たい。」と。このわがまま振りはどうよ!!周りの苦労に感謝せなあかんで!
そして斎宮五十鈴川のほとりに立てられました。アマテラスが初めて天から降りられた所になりますね。

 ということで、内宮は11代垂仁天皇26年に創建されました。ちなみに、豊受大神を祀る外宮は21代雄略天皇22年の創建です。そして、豊受大神が元いた所も元伊勢と言うそうです。

 さぁ、これでアマテラスは伊勢に落ち着いたし、この大研究も今回で終わりだな、と思ったアナタ!私もそのつもりだったんですが、実はまだあることが分かったんです。

ではでは、今回はこれまで。
次回をお楽しみに! さよなら、さよなら、さよなら!(再び淀川長治風)

アマテラス大研究(7)

f:id:kojikint70:20190602101243j:plain

伊勢神宮内宮(ネット検索)

天孫降臨後のアマテラス(その1)

 さてさて、無事?天孫降臨を果たしたアマテラスは、その後どうなったかという話です。おとなしく隠居でもしたでしょうか、それとも・・・・・。

 話は日向三代(ニニギ → ホオリ(山幸彦)→ ウカヤフキアエズ)と進み、ウカヤフキアエズの四男の神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコノミコト・後の神武天皇)の登場となります。そしてカムヤマトは兄の五瀬命と東征(いわゆる神武東征)に出るのですが、日本書紀によれば、東征に出る前に兄弟や子供達にこう言ったとあります。「天孫が降臨されてから、179万2470余年になる。」 えぇー!! 日向三代で約180万年、一人平均60万年!? ちょっとなに言ってるか分かんない。
  まぁ、当然ですけどこの東征は苦戦続きなんですね、途中で五瀬命は戦死します。そして、後半になり熊野村(現在の和歌山県新宮市あたり)に着いたとき大きな熊が見え隠れし、そのうち姿を消したとき、カムヤマトだけでなく従った兵士もみな具合を悪くして寝込んでしまったのです。
 この時、熊野の高倉下(タカクラジ)が一振りの太刀を持って来て、カムヤマトに献上するとカムヤマトはたちまち正気に戻りました。そして何もしないのに熊野の荒ぶる神は切り倒され、寝込んでいた兵士はことごとく目を覚ましたのです。
 で、カムヤマトはタカクラジに聞きました。
 カム「この太刀はどっから持ってきたん?」
 タカ「実は、タケミカヅチノカミが夢に出て来てこう言ったんです。『アマテラス様
    と高木神様に呼ばれてカムヤマト様を助けて来いと言われたのですが、
    私が葦原中国を平定したときの剣があれば大丈夫。その剣をお前の所の倉の
    屋根に穴を開けて投げ入れておいたから、その太刀を御子に献上しなさい。』
    と。」
 カム「そうなんやぁ、感謝、感謝やね~。」

 そして、この後も先導役として天から八咫烏が遣わされ東征が続くのです。

f:id:kojikint70:20190602154547j:plain

神武東征(ネット検索)

  そう、この段階でもアマテラスと高木神(高御産巣日神)の神パワーが健在なんですねぇ。まだまだ、アマテラスは簡単に引っ込みませんよ。何百万年経とうともね!

ではでは今回はここまで。次回をお楽しみに!!