のと爺の古事記散歩

古希+1歳になった爺さんが勝手気ままに古事記を散歩します。

超入門古事記(23)神武東征その1~のんびり旅?

さぁ、いよいよ中つ巻の始まりです。上つ巻は神代の話でしたが、中つ巻は神代から人の代への過渡期の話です。ここで言う「人」とは「天皇」のことと考えていいと思います。初代神武天皇から15代応神天皇までの事績や系譜、崩御年などが書かれていますが、ハ…

超入門古事記(22)神倭伊波礼毘古命の誕生~それって誰?

さてさて、ニニギが筑紫の日向に降臨してから、ホオリ(ホホデミ)、フキアエズと世代が移っていきます。そしてこの三代は日向三代(ひむかさんだい)と呼ばれています。そして、フキアエズは子供を四柱もうけるのですが、そのうちの一柱がやがて初代神武天…

超入門古事記(21)豊玉毘売の正体~まさかの??

ほとんどの方がお気づきと思いますが、ホオリが海の宮殿で歓迎され、長期滞在をしたという話は浦島太郎の原型です。ホオリが浦ちゃんで、トヨタマが乙ちゃんというとこでしょうか。浦島は玉手箱を開けておじいさんになってしまいますが、ホオリはどうなっち…

超入門古事記(20)~海幸彦・山幸彦物語

木花之佐久夜毘売の父親は、イザナギ、イザナミの神生みで成った大山津見神です。実は、これまでにもオオヤマの子供だとして登場した神様がいます。お分かりでしょうか? あっ、分からなくても大丈夫ですよ、神様の名前は覚えなくていいのですから。 ・八岐…

超入門古事記(19)ニニギの嫁探し~美しすぎるヒメ登場

さてさて、降臨を果たしたニニギは、国の統治はそっちのけで嫁探しに没頭します。 僕のよめ~、僕の嫁はおらんかのー。そんなある日、笠沙之岬(かささのみさき・鹿児島県南さつま市笠沙町の野間岬と言われています)で運命のヒメ神に出会います。 さぁ、ど…

超入門古事記(18)天孫降臨~なぜ孫なの?

やっとこさ国譲りが終わり、いよいよ葦原中国の統治者を送り込むことになります。アマテラスとしては、当然、自分の長男を送りたいのですが、この長男のオシホミミという神様は、国譲り使者も命じられながら怖じ気づいて行かなかったり、そういう面倒なこと…

超入門古事記(17)国譲りその2~最強刺客登場!

アメノホヒ、ワカヒコと使者を遣わしましたが、11年経っても解決できず、アマテラスもいい加減頭にきちゃってます。全く役に立たん奴らじゃ、と怒り心頭です。でもね、よく考えてみると、アマテラスは解決策を探るとき、神々に丸投げして自分の考えは一切言…

超入門古事記(16)国譲りその1~アマテラスわがまま振り発揮

オオクニの国作りが終了し、葦原中国は平穏な日々が過ぎていました。ところが、これを高天原からじっと見ている神様がいたんですねぇ。誰あろう、天照大御神なんですね。天の岩屋戸を出てから何をしていたかは全く分かりませんが、何かを企んでいるようです…

超入門古事記(15)オオクニの国作り~何をしたのか書いてない?

さてさて、八十神もやっつけたし、各地の比売神ともめでたく結ばれたし、ようやく国作りを始める気になったオオクニでしたが、一人で何から始めたらいいんだべか。大国主神になるには何をしたらいいのか、誰かおせーて! 目次 1.少名毘古那神との出会い 2.国…

超入門古事記(14)根之堅州国からの帰還~恋多きオオクニ

先日、読者登録が100人に達しました。ブログを始めたときからの目標でもあったので、とても嬉しく、皆様に感謝申し上げます。次は200人を目指し老骨にむち打って頑張りますので、引き続きご支援をお願いいたします。(_ _) さて、本題に入りましょう。 スサノ…

超入門古事記(13)根之堅州国へ~オオナムジ、試練やでー!

さてさて、オオナムジはひそかに木の国の大屋毘古神のもとへ逃げたのでした。しかし、というかやはりというか、八十神もしたたかなんですね。追跡の手を緩めなかったのです。人目を避けて逃げたのですが、考えて見れば八十神は人ではないので、神の目は逃れ…

超入門古事記(12)八十神の迫害~オオナムジは二度死ぬ

冒頭の写真、間違えて貼り付けたんじゃないですよ。1967年公開の、007シリーズ「YOU ONLY LIVE TWICE 007は二度死ぬ」のポスターです。映画をご覧になった方もいらっしゃると思います。50数年前、紅顔(失礼!厚顔でした)の美(?)少年だった私も、映画の…

超入門古事記(11)大国主神登場~因幡の白兎

さてさて、前回でスサノオの主たる話は一旦終わり、今回から、スサノオの六世孫の大国主神(おおくにぬしのかみ)が主人公になります。古事記には、この神様には大国主神以外に大穴牟遅神(おおあなむじのかみ)、葦原色許男神(あしはらしこをのかみ)、八…

超入門古事記(10)八俣遠呂知退治~スサノオよ、君は変わった?

さてさて、高天原を追放になったスサノオは、「出雲国」の斐伊川上流の鳥髪という所に降りました。「出雲国」が出てくるのは二度目です。イザナミが葬られたのが「出雲国」と伯耆国の境の比婆山でしたね。まだ国土が安定していないと思われる時代に具体的な…

超入門古事記(9)天の岩屋戸~アマテラスの引き籠もり

さてさて、前回はアマテラスがスサノオの暴挙に恐れをなし、天の岩屋に籠もってしまったところまでお話ししました。実は、この、籠もったわけについても解釈が分かれています。スサノオの余りの暴挙に、もう擁護出来ないとして怒って籠もった、という解釈と…

超入門古事記(8)アマテラスとスサノオの対決、かかって来いやー!

さてさて、根之堅州国に行く前にアマテラス姉ちゃんに会いに行くべぇ、とルンルン気分で高天原を目指したスサノオでしたが、一方でアマテラスは高天原を死守せにゃならんと、完全武装で迎え撃つ態勢を整えています。 さぁ、この対決の結果はいかに? 目次 1.…

超入門古事記(7)マザコンスサノオの追放

前回、三貴子が成ったという話をしました。アマテラスは生まれながらの最高神なのですが、弟のスサノオはどうだったのでしょうか。 話が進んでいくとだんだん分かってくるのですが、アマテラスは実は自ら進んで積極的に行動するタイプではないんですね。それ…

超入門古事記(6)三貴子の誕生とその役割

黄泉の国からやっとのことで帰ってきたイザナギは、自分の愚かさを思い知り、こう言ったのです。 「あぁ、私はなんといやな穢れた(けがれた)国へ行ってしまったのか、神よ許したまえ!」 (ちょっと、ちょっとー、あんたも神でしょうがー!)「穢れを落と…

超入門古事記(5)イザナギが黄泉の国で見たものは・・・

イザナギは、無謀にもイザナミを連れ戻そうと黄泉の国へ向かいます。「カァちゃん待っててちょっ、今、迎えに行くでよ!」さぁ、果たしてイザナギの運命やいかにーーー。そして、イザナミは? その前に、黄泉の国とはどんな国なのかということや、イザナミは…

超入門古事記(4)壮絶な神生み・・・うぅっ、生まれる~!

前回、イザナギ、イザナミの国生みのお話をしました。「男女の合体で、なんで島が生まれるんや、そんなわけないやろ!」と思っているあなた、最初に言ったでしょ!書いてあることの真偽は考えないことって。とにかく、古事記にはそういうことが書いてあるん…

超入門古事記(3)イザナギとイザナミの結婚と国生み

さてさて、天つ神から「修理固成」なんて意味のわかんないミッションを与えられたイザナギ、イザナミですが、 さぁ、どうしたでしょうか。 ところで、イザナギ、イザナミってどういう意味か分かりますか? ギ(キ)は男を表わし、ミは女を表わす言葉なんです…

超入門古事記(2)世界の始まりと神の出現

さぁ、超入門古事記の始まりです。冒頭の写真は高天原です。もちろん、イメージですけどね。 それにしても、コロナは感染が止まらず心配ですねー。国会中継を見ると議員の諸先生方はみなさん、しっかりと大きなマスクを着けていますね。総理のマスクは小さめ…

超入門古事記(1)プロローグ

狛犬特集が終わってから、次のテーマを夜も寝ないで(あっ、昼寝はしました)考えていましたが、なかなか決まらず4月になってしまいました。コロナも先が見えないしどうすっぺなぁー。 で、爺さんは気がついたのです。どう考えても古事記を離れては何も書け…

勝手にブログ開設1周年記念(11)

さぁ、狛犬特集3回目です。今回で終われるかな? 今回は玉取り・子取り系、マッチョ系ですが、玉取り・子取りと言われてもなんのこっちゃ?という方もいらっしゃると思います。 そこで、まず、玉取り、子取りの意味からいきましょう。 目次 1.玉取り狛犬、子…

勝手にブログ開設1周年記念(10)

お待たせしました! 狛犬特集第二弾です。 えっ、誰も待ってない? マジすかっ!! えーっ、前回の狛犬編はいかがでしたでしょうか。マニアック過ぎますよね~。分かってるんですけど始めてしまってますし、今回、次回ぐらいで終わりますので、もう少しお付…

勝手にブログ開設1周年記念(9)

前回お伝えしましたが、今回から数回に亘って狛犬特集編をお送りします。これは鳥居以上にマニアックな話なので、あまり関心のない方はスルーしちゃって下さい。 かく言う私も、この記事を書くまでは特別関心があったわけではありません。ところが意外とです…

勝手にブログ開設1周年記念(8)

外出を控えていると、家でテレビを見る時間が増えますね。今日もワイドショーや国会中継をやっていました。ワイドショーはコロナの不安を煽ってばかりだし、国会は野党が上から目線の態度で政権批判ばかりだし、どうして、この国難を与野党一体になって乗り…

勝手にブログ開設1周年記念(7)~100回投稿達成!

今回の記事が100回目の投稿になります。勝手に開設1周年記念を唱っている中で100回投稿の達成です。これもひとえに、こんな爺さんのブログを読んでくださる方々のおかげと深く感謝申し上げます。m(_ _)m 最初は、100回投稿記念で特別な記事を書いた方がいい…

勝手にブログ開設1周年記念(6)

外出自粛中のためブログのネタがない、と嘆いていた爺さんの独り言です。 「こまったなぁー、ネタがないんじゃ。」「自粛解除まで待てばいいじゃん。」「それでもいいんだけど、それだと爺さん暇で暇でボケちゃうよ。」「ご朱印で2回書けたんだから、ほかに…

勝手にブログ開設1周年記念(5)

昨年の一番の思い出と言えば、奈良旅で念願の大神神社、橿原神宮、神武天皇御陵を参拝できたことです。一昨年10月に奈良国立博物館で開催された正倉院展を見に行ったことがきっかけで、昨年も同時期に行って来ました。 一昨年は、まだ神社とかお寺とかの認識…